水田建設ブログ

BLOG

吹き抜け, 家づくりのお話, 構造

一般的には、吹抜がある建物の強度は低くなる傾向があります。
前回床などの水平面の強さが重要というお話をしましたが、
その部分が吹抜によって無くなるため、水平面が弱くなりがちです。

又、強い風が吹いたとき、外壁を押す力が働きますが、
これに抵抗する部分は一般的には各階の床面になるのですが、
吹抜があるとこの点でも注意が必要になってきます。

吹抜がある建物って弱いの?

でも安全性を担保する方法はあります。
吹抜で減ってしまった床面でも、まだ残っている床面を強くし、
床面に掛かる力よりも耐力を持たせてあげればOKになります。

又、床に掛かる力は耐力壁の間隔が狭くなれば、
それに応じて少なくなるので、
耐力壁間の距離を多くしないなどの対策も有効です。
強風に対する抵抗も、風の力よりも強い材料を配置してあげれば問題は解決できます。

吹抜がある建物って弱いの?

私は構造設計者として、建物の安全性は重要と考えますが、
安全な範囲の中で、どれだけ居住性を高めることができるかは、
更に重要だと思います。

安全なだけの住宅であっては、
本当の高品質な住宅ではないと考えます。

今すぐスマホで読める!

特選施工事例集 無料プレゼント

水田建設の家づくりがじっくりご覧いただける事例集を無料でダウンロードいただけます。

その他の投稿

水田建設をもっと詳しく。

クリックすると画面が立ち上がります。
家づくりのステージに合わせて各種お選びください。