水田建設ブログ

BLOG

C値, 家づくりのお話, 気密, 高性能住宅
C値が悪いとなにがおこる?

そもそも、気密が悪いと何がおこると思いますか?
おそらく、「気密が高ければ、暖かい」=「暖かい空気を逃がさない」→「だから気密の悪いお家は寒い」ってイメージがあるかと思います。

でも、現在の建築基準法では居室の空気を1時間で50%を換気をするように定められています。
つまり、2時間で居室のあたたかい(冬)または冷やした(夏)空気は総入れ替えされるということ。

ということは気密の高いお家であっても「暖かい空気を逃がさない」わけではなさそうだとわかりますよね?

■ではなぜ、気密のよいお家は「あたたかく感じる」のでしょうか?

■また、気密が悪いお家ではあまり知られていないのですが「ある問題」も発生します。

その問題とは?
詳しくは高性能住宅セミナーでお話しいたします!

高性能な住まいづくりをお考えの方へ

静岡県建築住宅町づくりセンター発行の資料「高性能な住まいづくり」に、高耐震・高断熱住宅、長期優良住宅、ZEHそれぞれの詳細なデータが記載されています。

こちらの資料は、住宅性能とコストとのバランスを考える判断材料として、高性能な住宅をご検討の方に是非お読みいただきたい資料です。
ご希望の方に郵送していますので、下のフォームからご請求ください。

また、水田建設では、「高性能な住まいづくりセミナー」と題して本資料を教材に個別のセミナーを随時開催しています。

大人数参加のセミナーと違い、お客様個々のご希望をヒアリングすることで、お客様にとって本当に必要な住宅の性能・仕様とコストのバランスを知ることができます。
今後の家づくりの指針を固める上で是非とも参加していただければと思います。

セミナー受講は、ご来社、見学会場、5年経ったお家(弊社モデルハウス)、オンラインからご希望の会場を選べます。
郵送する資料をご持参の上、ぜひお越しください。

今すぐスマホで読める!

特選施工事例集 無料プレゼント

水田建設の家づくりがじっくりご覧いただける事例集を無料でダウンロードいただけます。

その他の投稿

水田建設をもっと詳しく。

クリックすると画面が立ち上がります。
家づくりのステージに合わせて各種お選びください。